• ホーム
  • コンジローマの様な疾患にクラビットは効力を発揮?

コンジローマの様な疾患にクラビットは効力を発揮?

クラビットはクラミジアや淋病のような性感染症の原因となる細菌の増殖を阻害することのできる抗菌薬です。
また性感染症の治療だけでなく気管支炎や喉頭炎の様な呼吸器の感染症、膀胱炎や尿道炎の様な尿路の感染症、副鼻腔炎や中耳炎の様な耳鼻系の感染症の治療にも幅広く使われることがあります。
ではコンジローマの様な性感染症の疾患にクラビットは効力を発揮することが出来るのでしょうか。

コンジローマはヒトパピローマ・ウィルスによるウィルス感染により起こり、感染することで男性な亀頭の周辺、女性なら膣周辺に米状のピンク色のイボが多く発生します。
潜伏期間が1年に及ぶ場合もあり非常に長い期間と言え、また性器だけでなく手からも感染することがあるので注意が必要な性感染症と言えます。

そこでクラビットはコンジローマに対し効果があるのか、の答えですが、残念ながら効力は発揮せず治療することは出来ません。
細菌には抗生物質が効きますが、ウィルスには抗生物質が効かないという特徴があります。
そのため細菌の増殖を阻害することのできるクラビットはコンジローマには効果がないのです。

ではコンジローマの治療にはどのような方法があるのでしょう。
それは大きく分けて2つあります。
1つ目はベセルナクリームを用いた薬物療法で、2つ目は電気メスなどによる焼却や液体窒素を用いた除去法などの外科的療法があります。
どちらの治療法が良いのかは医師と相談し決めると良いですが、事前にどのような治療方法があるのか、イボの大きさによって適してる治療方法が分かれるということを調べておくと、スムーズに進むかもしれません。

コンジローマの治療で見えているイボを全て取り除くことが出来ても、ウィルスが残っている可能性のある性感染症です。
そのため再発を繰り返したり治療が長期になることもあることを覚えておきましょう。

関連記事